HOME>イチオシ情報>取り戻せるデータか否かを冷静に判断することが重要です

復元できないデータもあると理解すること

パソコン修理

個人であるいは企業でパソコンなどの情報機器を使わずに仕事をする職場は、ほとんどなくなったと言っても良いでしょう。大容量のハードディスクにデータを記憶して自分以外のメンバーと共用したり、USBメモリーなどに保存して持ち歩いたりできるのはとても便利です。しかし、便利な反面、何らかのトラブルあるいは機器の故障により記録されたデータが読めなくなったりすると非常に困った事態になります。特に大きな職場で使用している記録装置にトラブルが発生すると、自社および顧客にまで影響する恐れがあります。そうしたトラブルに見舞われたとき、データ復元を行なってくれるサービス会社に作業を依頼することがあるかもしれません。どんなデータも必ず復元できるといった宣伝文句で広告しているサービスもあります。ただ、場合によっては復元できないこともあることは心得ておきましょう。たとえば、記録装置そのものが物理的に破損していたり、高熱などにより変質してしまっている場合です。論理的に消失したデータは専用のソフト等で取り戻せる場合もありますが、物理的破壊はほとんどの場合無理です。

機密保持が厳守できることも含めて評価を

パソコン修理

データ復元を依頼するサービス会社を選ぶ際の判断材料として、まず実績を調べることが大事です。如何に最先端の技術や機材を装備していても、全国的にチェーン展開しているような会社であっても実績が無いのでは不安です。ネットや雑誌の口コミあるいはSNSの書き込みなどを検索し、利用したユーザーの意見を参考にすると良いでしょう。また、そのサービス会社の公式サイトなどを調べ、これまでに取り扱った企業一覧などを参照し、自分たちの会社と同業の企業が多いところを選ぶのも1つの方法です。復元スキルの高さと共に気をつけたいのが機密保持を徹底しているか否かです。作業プロセスはもちろん、作業完了後は不要になったバックアップなどは全て破棄されていることが重要です。契約時に機密保持に関する誓約を文書で取り交わしてくれるようなサービス会社であれば安心です。

広告募集中